Metasonic® Proof ビジネスプロセスをインタラクティブに検証

このソリューションを利用すれば、導入前にプロセスが実際に機能するかどうかがわかります。Metasonic® Proof は、Metasonic® Suite の検証コンポーネントです。ユニークなサブジェクト指向のビジネスプロセス管理 (S-BPM) に基づき、既存アプリケーションとの結合および組織への統合の前に、プログラミングを行うことなく、インタラクティブにテストを実施することができます。Metasonic® Proof を使用すると、すべてのビジネスユーザは、完成したプロセスモデルまたはプロセス アプリケーションから自動的にインタラクティブなウェブベースのロールプレイを開始できます。プロセス関係者 (サブジェクト) は、自身の動作と他の関係者との相互作用にしたがってモデル内を移動していきます。これにより、導入のために必要なすべての詳細を含む実際的なビジネスプロセスが作り出されます。つまり、従業員は自分のビジネスプロセスをただちに体験できるわけです (高速アプリケーション プロトタイピング)。Metasonic® Proof を使用すると、すでに開発の初期段階で、従業員が企業内のプロセス設計に関与します。これにより、初期段階ですべての関係者にとってプロセスが明確になり、変更や新しいプロセスを受け入れることがより容易になります。

Metasonic® Proof のファクトシートをダウンロード

弊社のサブジェクト指向のアプローチに基づく Metasonic® Proof を使用すると、次のような大きな利点がもたらされます: プロセスロジックとそれに基づくビジネスロジックをできるだけ初期の段階でテストできる。サブジェクト指向、IT ベースのロールプレイにより、プロセスロジックが確認できる。プロセスに付随するデータおよび情報フローも検証に統合できる。プロセスの対応する箇所で、フォーム、入力画面、ダイアログ ボックスをただちに確認できる。プロセス関係者は全員、各自の特別なプロセス知識を統合できる。従業員を関与させることで、変更や新規事項の受容性が高くなる。テストは、企業の垣根を超えてインターネット ブラウザで実行できる。プロセスをシミュレーションすることで新規従業員のトレーニングが大幅に簡易化できる。プロセスロジックおよび情報フローを事前に検証することによって、時間とコスト、および導入のリスクが大幅に削減される。

プロシージャ(手順)
Metasonic® Build を使用して作成したプロセスモデルを Metasonic® Proof サーバにロードします。プロセス関係者は、標準インターネット ブラウザを使用して、ただちにプロセスをロールプレイ (サブジェクトが関連) によってテストできます。プロセス フローができるだけ現実に即したものになるよう、わずかな作業を行うだけで、フォーム、入力画面 (スクリーンショット)、ダイアログをプロセスの該当箇所に組み込むことができます。これにより、重要な要件と仕様に関してプロセス全体を簡単・効率的に確認できます。また、外部委託のビジネスプロセスも (モデル化されている場合は) 同時に確認できます。プロセスモデルに変更が必要な場合は、Metasonic® Build で行います。更新されたモデルは、ただちに検証できます。このソリューションを使用すると、利害関係者をプロセスに関与させて、アクティブに検証を行うことができます。このアプローチでは、企業または組織を超えたプロセス記述の場合でも、最適な計画の安全性が保証されます。企業は、新しい、変更されたビジネス要件にすばやく対応することができます。このアプローチではまた、従業員が継続的に自身のプロセスを実現に必要な詳細レベルで最適化する、創造的な環境を提供します。インテリジェントでコストを節約するこのアプローチを使用することによって、ライバルより先を行くことができます。