Perform: 潜在的なビジネスの可能性を展開する

どのような名人でも天から降って来たわけではありません。それは、企業活動の手腕も同じです。正しい決定を下すこと、あらゆる可能性を考慮すること、リスクを最小限に抑えることにはそれなりの時間がかかります。しかし、市場開拓者として競合他社より一歩先に出ようとしている企業で時間に余裕があることはまずありません。

世界的なネットワークの濃密化によって、各企業に何らかの関係がある事象の数は増加の一途にあり、ますます多くのシナリオを考慮に入れなければならない状況になっています。その結果、製品やビジネスモデルの展開とそれに必要なITサポートの準備には、多大な時間と高額なコストが必然となっています。大部分のITソリューションは、変更を加えにくい仕組みになっているか、あるいは一定レベルの変更しかできない設計になっています。そのため、念入りに企画立案しておかないと、後のリスクが大きくなってしまいます。

しかし、絶えず物事が変化する動的な状況下で、延々と続く長い企画段階を実施することは矛盾しています。さらに、何らかの製品やサービスが受け入れられるかどうかは市場に出してみないと分からないもので、その動向の予想は非常に難しくなっています。新しいアイディアを試験的に市場に導入してみても、消費者と一緒に競合他社の注意もひきつけてしまいます。市場での有利なポジションを守るためには、市場のニーズに応じて何度でも製品やサービスを迅速に対応させる必要があります。そのためには実際に得られた知識をすぐにいかせる柔軟なソリューションが必要になります。

メタソニックを使うとそのようなソリューションを数日で開発できます。また、新しい要件に応じて何度でも変更を加えることができ、継続的な調整や拡張が可能です。試験と実用、プロトタイプとソリューションの間の垣根はありません。このようなソリューションを使えば、すばやく市場での地位を確保して、それを長期的に維持することができます。数日でソリューションを開発して、パイオニア企業としての恩恵を受けることができるのです。ソリューション導入時からあらゆるデータを集め、それを評価することで、実際に得られた経験を直接ソリューションに反映させることができます。このようにして、事業を運営しながら継続的に企業パフォーマンスを調整できます。