研究の成果

ニルス・メイヤー最高技術責任者兼 R&D 部長

Metasonic AG社ではイノベーション技術の提供のため、 ビジネスプロセスマネジメント(BPM)部門にて常に新たな可能性を追求するとともに、難しい課題のスマートな実用化に中心的に取り組んでいます。 弊社が目指すのは、より複雑になる 今日の要求にシンプルなコンセプトとスマートなソリューションで対応したBPMツールの開発です。

中でも特に、ユーザに焦点を当て、ユーザを中心に据えたツールの実現に重点を置いています。

その一例として挙げられるのが「マンマシンインタフェース」で、弊社では人と機械の情報のやり取りにおけるモデリングに使用しているほか、社員の誰もが理解できる高度なコンピュータ制御を可能にするモデル実現のために、この分野で徹底的に研究を行っています。 こういった観点から、ビッグデータ分析、プロセスインスタンスのアドホックモデリング、プロセスモデルのシミュレーション以外にも、様々なテーマを取り扱っています。

このようにして、提携関係を結ぶ研究機関との協力も重ねながら、一般の業務担当者がPCでなく物を動かしながら実際自らプロセスをモデリングできる初めてのソリューションであるMetasonic® Touchなどを開発、提供しています。

弊社が研究を重ねている現在の試作品の概要が見れます。