S-BPMとは?

S-BPM はサブジェクト指向のビジネスプロセス管理のことであり、今日の BPM 分野に新たな標準を定めるものです。この世界でもユニークなプロセス記述手法は、アルバート・フライシュマン博士によって開発されました。これは、すばやく簡単にダイナミックなビジネス アプリケーションを作成して、即座に既存の IT にシームレスに統合するという目的を持つ、 BPM の改革です。S-BPM は、サブジェクト、つまりプロセスの関係者に焦点をあてます。専門部門は、わずか 5 個のシンボルを使用して簡単・直感的にモデルを自身で作成して、ビジネス アプリケーションを作成できます。特別な IT の知識がなくても、プロセスあるいはアプリケーション ロジックをインタラクティブに検証して、ただちにワークフローとして実行できます。プロセスの編集に必要なソフトウェアは、プロセスモデルから自動的に作成されます。

「サブジェクト指向」とは正確には何を意味するか?
主語、述語、目的語といった言語の文法と同様に、この手法ではプロセスの各関係者 (人間または EDP システム) の動作が中心となります。プロセス内におけるこの動作を Metasonic では「サブジェクト」と呼びます。サブジェクトは能動的です。日本語の文法にたとえて言うと、「何かを行うのは誰か、または何か」という質問に対する答えが「サブジェクト」です。それに対するものとしてオブジェクトがあります。オブジェクトは受動的で、何かをされる立場です。プロセスの世界では、これはたとえばデータやデータベースなどです。S-BPM はコミュニケーションを実践します

S-BPM Flyer

S-BPM パンフレットのダウンロード

Communication network
 

S-BPM ではまず、目的のプロセス結果を達成するための共通のアクションを構成、調整するために、プロセス関係者の相互コミュニケーションが考慮されます。プロセスは組織の形式の 1 つであり、組織は同時にコミュニケーションでもあります。(ビジネスと IT のいずれに関しても) 1 つのモデル内で現実に忠実に対応して表現する場合にのみ、プロセス フローは意味を持つものになります。

なぜS-BPMなのか >>